デイリーフレネ

日々の状況や教育エッセイをJF代表・木幡が執筆。メールマガジンでもお届けしています。登録はこちらから

2006年06月04日

vol/1188

============= ◆   日刊通信   ◆ =============
============= ◆ デイリー・フレネ ◆ =============
-------------------- VOL/1188--------- 2006/06/02
//////// CONTENTS //////////////////////////////
1.新宿でもアニマシオン
2.新宿定点観測
3.熊谷のお散歩―写生会
==================================================
★今日はなんの日
1995 ドジャースに入団した野茂英雄、大リーグで初勝利

★今日の花言葉
おだまき(赤)「素直」

★今日は誰の誕生日
サド(作家 仏 1740)

★今日の名言
「知識のある人は、すべてについて知識があるとは
限らない。だが、有能な人は、すべてについて有能
である。無知にかけてさえも有能である」
          ―モンテニュ『エセー』よりー

---------------------------------------------------

■1.新宿でもアニマシオン■

http://www.jfreinet.com/report/index2005.htm

今日はトルストイの「人にはどれだけの土地がいる
か」という絵本を使って、新宿でもアニマシオン!

最初に木幡マンからの質問。
「一人の人が一生生きていくために必要な土地の広
さは?」

「家2軒分!」りょうすけ
「2軒分じゃ足りないんじゃない?50軒分!」スタ
おきょう。
「んー、畳10畳分」とは、ヤス。(謙虚だなぁ…)

読み進めていくうちに…
「あ!ここのこの人、誰?」
「え?どれ…」
挿絵の奥のほうのちっちゃな人物を発見する、りょ
うすけ。

「おー!よく気づいたね!!俺も今まで気づかなか
たよ」と、木幡マン。
りょうすけが発見した人物は、このお話の鍵を握る
人物!

「あ!ここ、人がいっぱいいるよ!」
その後も、おもしろい発見をするりょうすけ。
お話を聞きながら、絵にもよく注目しているようで
す。

このお話、最後にはどうなるか…。結末を聞いたみ
んなの第一声は…
「えー!!悲惨だー!」

「欲張ってはいけない」というのは、土地を与えら
れる側への
教訓。でもそれだけでいいのか?どういう立場の人
がどういう意図で描いた絵本なんだろう。

この話の裏の、権力構造が存在にも気づかされる、
そんなお授業でした。


■2.新宿定点観測■
   ↓
http://www.jfreinet.com/report/index2005.htm

さらに一冊の本を覗き込む、木幡マン・りょうすけ
・よう君・シュン君。定点観測の写真集を使い、ア
ニマシオン。

1969年から移り行く風景の写真。これはどこの
写真かな?

建設されていく、そして取り壊されていく数々の建
物から予想していく。
「あ!これ新宿だ!たかしヤマでしょ」と、よう君。
「(笑)髙島屋、ね」

ともあれ、大正解。昔の新宿って平べったかったん
だねぇ…。
1969年から現在までの新宿西口の大変遷でした。


■3.熊谷のお散歩―写生会■
   ↓
http://www.jfreinet.com/report/index2005.htm

今日は、前回雨天のために延期niなった写生会。

場所はいつもの荒川。みんなでお弁当を持って出
発!荷物いっぱいのみんな。途中のコンビニの店
員さんにも、
「写生会ですか?」
と、声をかけらるくらい。

到着したら、まずはみんなで腹ごしらえ。レジャー
シートの上でのお昼ごはんはちょっとしたピクニッ
クのよう!

●いざ絵を描く!?

ご飯を食べたらそれぞれに絵を描き始める。
木を描く子、芝を描く子、空…。みんな描きたいも
のを思い思いに。

「色は?」
「好きでいいよ。」
「じゃぁ、鉛筆だけにしよう。」
鉛筆で細かく写していったり。描き方もみんなそれ
ぞれ。

それにしても、やっぱり目の前にグラウンドがあっ
て、川が流れていれば遊びたくなるね。
絵は早急に終わらせて遊びまわるみんな。

「こんなに捕まえた!」
気がつくとバケツいっぱいに、ニョロニョロした川虫
を捕まえてきたかいでした。


なによりも、今日は暑かった…。
「あぁ…。」と、溶けていくみんな。

時折流れる風がとっても気持ちいいなぁ。シートの
上にごろんとすると、もう最高だったね!

-----------

本日、新宿の子ども達は千葉・船橋の<三番瀬>に
潮干狩りに行っています。

東京は、もう初夏!皆さん、楽しい週末を!


--------------------------------------------------
////////// このメールマガジンについて //////////
★ 無断転載禁止です。転載希望の場合は、事前にジャ
  パンフレネのメールアドレス sinjuku@jfreinet.com
  までご連絡ください。
★ このメールマガジンは、インターネットの本屋さん
 『まぐまぐ』http://www.mag2.com/ を利用して配信
  されています。登録・解除とも『まぐまぐ』の他に
  ジャパンフレネのホームページからもできます。
 (マガジンID:0000017401)
★ 記事内容についてのご意見、ご感想、ご質問等は
  mailto --------> sinjuku@jfreinet.com まで。
**************************************************
          フリースクール ジャパンフレネ
e-mail : sinjuku@jfreinet.com
URL : http://www.jfreinet.com
**************************************************
(C) free school JAPAN FREINET_Hiroshi Kohata 1999.