デイリーフレネ

日々の状況や教育エッセイをJF代表・木幡が執筆。メールマガジンでもお届けしています。登録はこちらから

2007年04月25日

vol/1330

============= ◆   日刊通信   ◆ =============
============= ◆ デイリー・フレネ ◆ =============
-------------------- VOL/1330--------- 200704/25
//////// CONTENTS //////////////////////////////
1.漢字連想ゲーム!-新宿
2.熊谷のお料理―手打ちパスタ!!
3.木幡マンの一夜一冊(44)
==================================================

★今日はなんの日
1932 第1回日本ダービーが目黒競馬場で開催

★今日の花言葉
ゼラニウム「決心」

★今日は誰の誕生日
つかこうへい(1948)

★今日の名言
「一見、勝つことを目的としているのだが、じつは、
心理の深層部においては、賭けに敗北し、破滅を迎
えることによって、すべてを解消したいと願ってい
る」
      ―バーグラー『賭博の心理学』より―

---------------------------------------------------

■1.漢字連想ゲーム!-新宿■

http://www.jfreinet.com/report/index2007.htm

選択で国語のお勉強を始めた子も多いので、漢字の
連想ゲームを。

「カレーライスを漢字一文字で表現すると?」
辛・黄・麦・豆・肉…
みんなからいろいろな漢字が挙がります。カレーラ
イスのイメージってこんな感じ。

そして逆の要領で漢字一文字のヒントからお題を作
ってもらいます。

例えば…
「山・川・外・泊」
「わかった!キャンプだ!」
そうそう!連想できているね。

「黄・黒・電・鼠」しゅん君の問題はこれ。
「難しい…」一生懸命ひねりだそうとする、ひろ君。

そして、
「三・十…、もうこれで分かるでしょ!」
と、OBドラゴン。
「その後は、路・婆」
どうやらスタおきょうのことのようですが、美とか
麗とか付かないものか。

ショートケーキのヒントとして、「幸」と「苺」を
組み合わせた感じを使った、よう君。
創作した漢字を使ってみるのもおもしろかったね!

■2.熊谷のお料理―手打ちパスタ!!■
   ↓
http://www.jfreinet.com/report/index2007.htm

今日のお料理プロデューサーは、のんちゃんとまさ
や君。
「家族親睦会に向けての予行練習として手打ちパス
タに!」と、先週のミーティングで発表されていま
した。

去年の親睦会も準備を早い時期から行ったので、
その結果が今年にも生かされているね!

「結構大変だったからなぁ。早めに進めていかない
と」という言葉がちょくちょく聞かれます。準備も
行事の目的の一つだからね!

●調理はお手の物!

手打ちパスタは去年のJFFで行ったメニュー。み
んな何度も作ってきたので手際はなかなかのもの。

みじん切りなどは、みんなで分担して。体験のY君
も「あんまり家では手伝わないけれど…。」と、言
いながらも見事にニンジンをみじん切りに!

タマネギのみじん切り隊は相変わらずで、涙涙の作
業。本当につらそうだけど…、手は動いているとこ
ろが更に涙ぐましい…。

ミートソースはのんちゃんを中心に、パスタはユー
タ・りょうを中心に。経験者がどんどん引っ張りま
す!「だいたいこんな感じだった…。」と、自分の
手の感覚で進めていったりと、それはそれはたくま
しい。


今日ももちろん大成功でした!
女の子チームの作ったポテトサラダも上々!!
かいのスープも売り切れでした!

「あとは、パスタを茹でる時間の調整だなぁ。。。」
これは、もちろん親睦会の話。しっかり予定が立てら
れてきています!みんなの意識、すごい!!

■3.木幡マンの一夜一冊(44)■
   ↓
http://www.jfreinet.com/report/index2007.htm

●『自分の体で実験したい』-命がけの科学者列伝
レスリー・デンディ+メル・ボーリング
             (紀伊国屋書店 1995円)

有吉佐和子の『華岡青洲の妻』を30年位前に読ん
だ。この本は、世界初?の外科麻酔にチャレンジ
する青洲に人体実験を申し出る嫁と姑の確執物語。
江戸時代、医学の進歩に貢献するには、命がけだ
った。

今回紹介するのは、それに勝るとも劣らない科学
者達のお話。

人間は何度の熱まで耐えうるのか?消化器の働き
を知るために何でも飲み込む…。歯科麻酔の有効
性を試すた、ガスを吸い込む。

はたまた、疫病患者の血液を自分の人体に注入し
て、発病から死に至るまでの経過をみる。

いやはや、凄まじいの一言。これらの先達のおか
げで今の医学界がある。感謝…。